ほくろ除去の申し込み【出血も少ないのが特徴】

女性

気になるなら取ろう

看護師

取る目安と施術方法

身体の色々なところにほくろはありますが、ほくろには母斑細胞のある深さによって種類が異なり、母斑細胞が表皮真皮境界部にあるものを境界母斑といいます。母斑細胞が真皮の深いところにあるものを真皮内母斑といい、境界母斑と真皮内母斑の混合型を複合母斑といいます。小児期や思春期にほくろはできやすく、数が増えたり大きくなったりすることもありますが、今の所その原因はわかってはいません。考えられる原因には遺伝や紫外線、女性ホルモンなどが影響しているとされています。ほくろはそのまま放っておいても、ほくろ除去しても体に影響はありませんが数週間で急激に大きくなったほくろには注意は必要で、この場合には悪性腫瘍の可能性があります。このようなほくろをそのままにしておくと、ガン化する可能性があるためほくろ除去を検討した方がいいでしょう。また自分が気にならなければ問題ありませんが、顔などに目立つほくろがあったり、ほくろの数が多かったりする場合にはほくろ除去を検討する人は多く、ほくろを取ることで前向きに気持ちになり気持ちも明るくなります。ほくろをそのままにしておくかほくろ除去するかの目安は、悪性腫瘍であるかどうかとほくろが気になるかどうかになります。ほくろ除去は皮膚科、形成外科、美容外科で行うことができ、病院で行われている施術方法にはレーザー、メスによる除去方法の他に切除縫合などの方法があります。レーザー治療の場合にはスイッチヤグレーザーと炭酸ガスレーザーがあり、ほくろが小さく平坦の場合にはスイッチヤグレーザー、ほくろが5mm以下で盛り上がっている場合には炭酸ガスレーザーで除去します。どちらもリスクは少なく短時間で施術が終わるのがメリットですが、ほくろの大きさや深さによっては何度もレーザーを当てなければなりません。メスは高周波メスや電気メスを使い、大きく盛り上がったほくろを短時間で傷あともほぼ残さず除去することができることがメリットですが、施術後に白い斑点のような跡が稀ではありますが残ってしまう場合もあります。レーザー治療などでは除去できないほくろや悪性腫瘍の可能性がある場合に切除縫合を行う場合が多く、ほくろ周辺から紡錘形に皮膚を切開し、縫い合わせる手術になります。ただ傷あとが目立たなくなるまでに時間がかかり、医師の腕やほくろ除去する部分によっては傷跡の状態が違ってきます。ほくろ除去を自分で行う人も中にはいますが、確実にほくろが取れる保障はなく皮膚トラブルの原因にもなるため病院で除去することをオススメします。