ほくろ除去の申し込み【出血も少ないのが特徴】

女性

イメージを変える

カウンセリング

コンプレックスを解決

顔の目立つ場所にほくろがあるとその人のイメージとして定着しやすいでしょう。これはある意味で個性と言えるのですが、当の本人にとってはコンプレックスでしかありません。ただほくろは除去しない方が良いと聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。ほくろ占いなど人相として必要なものと言われていますが、それがコンプレックスになって自信を持てなくなってしまうのでは意味がありません。除去するには皮膚科や美容皮膚科を受診し、施術を行うことになります。見た目を目的としたものであると自費での施術になってしまいますが、保険が適用するものもあります。例えば、顔を洗う時に引っかかってしまう場合や髭を剃る際に出血してしまうなど日常生活に支障をきたす時には保険が適用されます。日常生活に支障がない場合の除去は自費での施術になりますので注意が必要です。女性にとって見た目というのは自分を象るものの一つですから、ほくろ一つと馬鹿にすることはできません。その一つがなくなればイメージが変わり、相手に与える印象すら変わるのです。日本ではそこまで浸透しているものではありませんが、美容に対する意識が高くなってきていますので、一般的に浸透するのも時間の問題と言えるでしょう。ほくろの除去を行う場合には、レーザーを使用することが一般的です。そのレーザーも少しずつ進化していき、リーズナブルで行うことができるようになりました。クリニックによってこのレーザーにもこだわりがあり、炭酸ガスを使用したものであればほくろの基になっている母斑細胞を焼き切るという簡単な治療を行うことができます。レーザー治療の後には傷が上皮化してきますが赤みが引けば目立たなくなります。レーザー治療は必要最小限の範囲にのみ当てるのでサイズの小さいものや顏回りなどのものにおすすめの施術です。また、サイズが大きい場合には切除する必要があります。取り除いて縫い合わせる方法が一般的ですが、レーザーよりは傷口が目立ってしまう恐れもあるようです。ただ、ドクターによってはこちらの方が綺麗に除去することができる場合もあります。どちらの施術を行ったとしても大切なのはアフターフォローです。ほくろの除去は医療行為ですので、しっかりフォローしてくれるクリニックを探しておくことが大切です。施術の流れはどちらも問診から始まり、どの施術方法を選択するか相談し行います。中にはアフターフォローを全く行わないクリニックもいるようですので、事前に口コミなどを参考にしておくことをおすすめします。