ほくろ除去の申し込み【出血も少ないのが特徴】

女性

最新の医療機器を使用する

鏡を見る人

きれいな仕上がりが特徴

ほくろは色が薄く小さめのものから、大きく盛り上がった形状もあるため、出来ている部位によっては容姿に悪影響が出てしまいます。美容外科のクリニックでは、医師が丁寧に診察をしてくれるので、一人一人の皮膚の状態に応じた治療法を提案してくれます。なるべく傷跡を残さずにきれいな仕上がりにしたい人は、炭酸ガスレーザーによる除去を提案してくれます。小さめのほくろの場合は、一回の照射で効果が実感できますし、メスで切開する方法に比べると、傷の治りが速いのが特徴です。施術を受けてから数日を経過するとかさぶたが剥がれてくるので、きれいな皮膚になれます。ほくろ除去の施術を受けた直後は、お肌がデリケートになっているので、外出をする時はきちんとUV対策をしておくことが大事です。炭酸ガスレーザーは従来の方法に比べると、熱による殺菌効果が高いため、再発を予防する働きがあります。直径が大きめの場合や、盛り上がっている形状の場合は高周波や電気メスによる切除手術が受けられます。皮膚の形状に合わせたほくろ除去を提案してくれるので、安心して通院ができます。家事や育児、仕事で忙しい人が増えていますが、入院の必要がなく、通院による治療が受けられるので安心して下さい。ほくろはメラノサイトが集まっている状態なので、茶褐色や黒い色をしており、そばかすのような小さいものから、直径が5?以上の大きいものもあります。形成外科や皮膚科でもほくろ除去が受けられますが、仕上がりの美しさを重視したい人は美容外科のクリニックがお勧めです。口コミで人気の高い美容外科のクリニックでは、最新の医療機器を搭載しているので、安全性の高い治療が受けられます。炭酸ガスレーザーや電気メスによるほくろ除去は、局部麻酔をしてくれるので痛みをほとんど感じず、出血も少ないのが特徴です。電気メスの場合は多少の傷跡が残る場合がありますが、メイクで隠せる程度ですし、時間を経過するとほとんど目立たなくなります。美容外科のクリニックでは、衛生管理を徹底した個室で治療が受けられるので、リラックスして施術が受けられます。ほくろ除去の施術を受けることで、顔も印象が明るくなり、コンプレックスを解消できます。ほとんどの美容外科のクリニックは、完全予約制になっているので、じっくりと時間を掛けて相談ができます。ほくろは誰でもありますが、目立つ部分にある場合は、医師に相談してみると良いでしょう。短時間で施術が終わりますし、通院しやすい立地のクリニックも増えています。

看護師

気になるなら取ろう

ほくろにはいくつか種類がありますが、悪性腫瘍の可能性があるものやほくろが気になる場合には除去した方がいいでしょう。病院でのほくろ除去方法にはレーザー、メス、切除縫合などがあり、ほくろの大きさなどで施術方法が異なります。

鏡を見る人

顔が明るくなる

気になるほくろがある場合は、除去することを検討すると良いです。きれいに取り除くことで顔の印象がワントーン明るくなります。メイクもしやすくなります。施術もそれほど難しいものではないのでまずはクリニックを受診し相談してみることをおすすめします。

医者

除去する方法

ほくろ除去はレーザーを用いることで簡単に行えるようになっています。除去した後もメイクは可能なので気づかれにくいのもメリットです。以前はほくろ除去というと大掛かりな施術が必要でしたが、現在では随分容易なものとなりました。

カウンセリング

イメージを変える

ほくろがあるのとないのとでは顔の印象はとても変わると言われています。ほくろの除去方法にはレーザーと切除がありますが、ドクターと相談して選択しましょう。またアフターフォローがしっかりしているところで行うと安心です。